オーガニック認定ドッグフードアーガイルディッシュ 


素材の安心にとことんこだわるオーナー様にオススメのドッグフード


当店がオススメする理由は
信頼のできる日本生まれオーストラリア育ち、オーガニック認定の確かな素材だから!


     アーガイルディッシュは素材へとことんこだわるオーナー様向けのドッグフードです。
品質に厳しいオーストラリア認定取得です。お試しの前にご一読ください。

 

アーガイルディッシュの商品イメージ




ペットにも環境にも良いフードづくり

Well Bred Care~ 素養あるケア
人間とペットの関係は1万5千年以上、縄文時代前から続いていると言われています。
人類の歴史の中で、人間とペットは共に地球上で生命を引き継ぎ、互いに進化してきた仲間ともいえるでしょう。
そして現在、ペットの健康への意識がさらに高まる中、目の前にいる愛犬・愛猫たちへの愛情や命も子孫へと
引き継がれてゆくでしょう。Well Bred Careとは、ペットにもやさしい、環境にもやさしい、これから何千年も
この地球で人間とペットが共存していくための、私たち人間が果たすべきキーワードであると考えています。
これからの世代に伝えてゆく、残してゆくために、アーガイルディッシュが生まれました。

 

おいしさをお届け


家族の一員である愛犬の食事への配慮として「栄養バランス」「おいしさ」「安心」はかかせません。

原産地にこだわったもの、原料にこだわったもの、様々なフードがある中、アーガイルディッシュは前述の3点
に加え、「鮮度」にもこだわりました。

生産~加工、流通までの経路がしっかり確保されている吟味された原材料だから 「安心」 。
オーストラリアの大地と海の力の組み合わせで 「栄養バランス」と「おいしさ」を詰め込みました。
可能な限り大量生産しないことで「新鮮さ」と「おいしさ」をお届けします。


そこに認定された自然のオーガニック食材をコンセプトに加えて誕生したのが
「アーガイルディシュ」です。



アーガイルディッシュ栄養バランス

 

安心の中身


「アーガイルディッシュ」は私達が口にする食材と同等の安全性の高い原料を使用して作られています。

一部オーガニック認定されていない商品(魚)であっても、オーガニック原料や安全でナチュラルな原料を
努めて使用しています。オーストラリアは固有の動植物を守るため、輸出入の水際や、入国時の空港で
の検査等、厳しい動植物検疫でも有名だそうで、国内においても家畜の移動に検査官の監督が伴う等
外からだけでなくレベルの高い国なのです。

また、農産物はもとより家畜においても農薬・化学物質の残留基準が設けられ、検出されると州法により
罰せられます。つまり家畜が口にする草や飼料により体内に残留する化学物質にも規制があるという事で
アーガイル・ディッシュに使用している肉はこの規制のもと安全性が約束されたものということになります。

オーガニック製品で使用している有機肉は、安全性においてはこれを上回るものがないことが公に証明
されているということになります。 アーガイルディッシュには一部ニュージーランドの原材料を使用して
おりますが、オーストラリアとニュージーランドは食品・農水産分野において食品安全局を設立し、共通の
安全基準を設けているので安心です。

そして、オーストラリアはBSEや口蹄疫未発生国であり、1960年代から牛・羊ともにトレーサビリティ
システム
で管理されており、動物衛生管理の厳しさの歴史が証明しているといえます。


  使用原材料はこちらをご覧下さい

 




鮮度を追求し、いつ、どこで収穫された原料を使用するか、また当然「原料の品質自身」にもこだわりを
もって開発を続けた結果、オーガニック認定をいただいたプレミアムフードとなりました。(認定番号289P)


日本仕様のドッグフードとしてはオーストラリアでは最初の認定オーガニックフードです。
ウィステリア・アダルトおよび、エバーラスティング・シニアが認定商品となりました。


※Grevilea Adult につきましてはアレルゲンの少ない魚を使用しているため、オーガニック認定は取得
出来ませんが、
その他の素材は全てオーガニック素材を使用しておりますので、安心さは変わりません。



オーガニックに認知絵されるってすごいの?

通常オーガニックの検査は、1年に1回、専門の検査員が農場や加工場へ赴き、観察やインタビューに基づき
申請者がオーガニック基準に適合しているか、また今後も適合し得るかを確認します。


「農薬の残留検査は?」という声が聞こえてきそうですが、分析検査は毎回実施するわけではありません。
汚染の有無を判断しにくい場合のみ、土壌や食品を現場で採取して行います。

申請者が、基準に適合しているかどうかは、現場に赴いた検査員の報告書をもとに、判定委員会が合議制で
判断します。判定委員会は、資格をもった判定員の集まりで、検査員とは別の人員構成になっています。


という様に、いろいろな方が調査や検査をし、全てにおいてクリアしてやっとオーガニック認定を受けることが
できるわけですから、とても大変ですごいことなのです




アーガイルディッシュのこだわり


 


●成分値(ウェステリアアダルト:一般犬用参考)


粗タンパク質 23%以上  (シニア用 20%以上、アレルギー用28%以上)
粗脂肪     10%以上  (シニア用 10%以上、アレルギー用9%以上)
粗繊維          5%以下  (シニア用 5.6%以下、アレルギー用5%以下)
粗灰分          7%以下  (シニア用 7%以下、アレルギー用7%以下)
水分            11%以下  (シニア用 11%以下、アレルギー用11%以下)
カルシウム   1.2%以上  (シニア用 1.5%以上、アレルギー用1.2%以上)
リン               1%以上  (シニア用 1%以上、アレルギー用1%以上)
リノール酸      2%以上  (シニア用 2%以上、アレルギー用2%以上)
オメガ6脂肪酸 2.5%以上(シニア用 2.2%以上、アレルギー用2.5%以上)
オメガ3脂肪酸 0.5%以上(シニア用 0.5%以上、アレルギー用0.5%以上)

代謝エネルギー(ME)340Kcal/100g
                      (シニア用 315Kcal、アレルギー用340Kcal



はじめてご利用になる方にはお試しパック40gがおススメです!


 

アーガイルディッシュお試しパック

 


 Argyle Dishes すべての商品はこちらから





アーガイルディッシュ全商品